名古屋でおすすめの審美歯科はどこ?評判を徹底リサーチ

HOME » 審美歯科でできること » 歯茎の色や形

歯茎の色や形

審美歯科で歯茎の色や形を整える治療をする場合、どのような方法があるのか、費用はどれくらいかかるのかについてご紹介します。

審美歯科で行われている歯茎治療の種類

種類としては次のような方法が挙げられます。

ピーリング

特に普段からタバコをたくさん吸う方の場合、メラニン色素が沈着しやすくなり、歯茎の色が黒ずんでしまうことがあります。歯茎のホワイトニングを行うことにより黒ずみを改善できるので挑戦してみましょう。薬剤を塗るだけの簡単な方法となっています。

また、タバコを吸わない方でも金属を使った歯の治療を行った場合にも歯茎が黒くなる事があり、その場合にも効果的です。費用は上下の歯茎で10,000円から20,000円前後となります。

歯肉整形

歯茎が見えすぎていたり、不揃いになっている場合は歯肉整形が効果的です。審美歯科によって行われる方法は異なりますが、歯茎を切除して見え方を整えたりする方法が代表的でしょう。

費用は簡単なもので40,000円前後、歯茎の切除などを含む大掛かりなものだと200,000円以上の費用がかかることも少なくありません。

メラニン除去

ピーリングではなく、レーザーを使ってメラニン色素を取り除く方法もあります。こちらは薬品を使用した後にレーザーで治療を行っていくケースが多く、2週間ほどすると徐々にピンク色の歯茎を手に入れることができます。

レーザーを使った方法というと痛みがひどいのでは…と不安に思ってしまう方もいるかもしれませんが、少しヒリヒリとした刺激を感じる程度となっています。

1回~2回施術を行うことになるのですが、費用は3,500円~が相場となっており、黒ずみがひどい場合は費用が高くなるので注意しておきましょう。

歯磨きが十分にできていなかったり、色素が付きやすい食べ物や飲み物を好んで取り入れている場合には汚れが付きやすくなるのでそういった場合にもレーザー治療で改善を目指してみてくださいね。

審美歯科選びが大切

歯茎の状態は人によって異なるため、治療にかかる期間や費用も変わってきます。特に歯に大きな原因があって歯茎の黒済みが発生している場合、まずは歯科で治療を受けなければ思うように状態が改善できないケースもあるので医師によく確認しておきたいですね。

歯のホワイトニングなどを受けると今度は歯茎の汚れも気になるものです。

歯がキレイでも歯茎が汚れていたり形が乱れているとどうしても気になってしまうものなので、審美歯科で適切な治療を受け、自信の持てる歯茎を作りたいですね。