名古屋でおすすめの審美歯科はどこ?評判を徹底リサーチ

HOME » 審美歯科治療の質問BOX » 費用に関するQ&A

費用に関するQ&A

審美歯科で一番気になるのは、お金の問題。治療にかかる平均額、医療費控除などの疑問にお答えします。

審美歯科治療にかかる費用について

※相場情報については、主に名古屋エリアでの治療費について調べています。

Q.ホワイトニングの相場は?

A.審美歯科で行うオフィスホワイトニングの場合は、歯1本につき2,000円~1万円。1本単位で料金を設定しているところもあれば、見えるところだけをセットで行うところもあります。全ての歯を対象とすると、10万円程度は必要になるところが多いです。また、自宅でできるホームホワイトニングなら歯科医院で処方・マウスピースを作成してもらうと2万円~5万円、市販のキットで5,000円~1万円、くらいが相場。

Q.セラミック治療の相場は?

A.被せ物を全てセラミック素材で作った場合(オールセラミック)は1本4万円~12万円・外側をセラミックで中を金属で強度を増した場合(メタルボンド)は1本8万円~15万円・前歯などに薄いセラミック片を取り付ける場合(ラミネートベニア)は1本6万~12万円程度が名古屋の審美歯科での相場です。

Q.インプラントの相場は?

A.人工歯根固定、被せ物まで含めて1本30万程度のようです。

Q.一般歯科より高額といわれるのはどうして?

A.一般的な歯科治療は、健康保険が適用されているため、患者の負担は総費用の3割でよいことになっています(2011年6月現在)。しかし審美歯科の治療の多くは保険が適用されない「自由診療」という部類に含まれるため、治療にかかった費用の全額を払わなくてはいけません。
審美歯科のほかに自由診療になる例として、美容整形、未認可の薬を使用する場合などがあります。

審美歯科の健康保険・医療費控除について

上手に活用すれば医療費が安くなるかも?健康保険適用と医療費控除についてご紹介しています。

Q.健康保険の範囲で治療することはできないの?

A.健康保険の範囲でも審美治療をすることができます。ただし、使う素材が限られてしまったり、自然な色がでなかったり、セラミックより耐久性が劣ったりという欠点があります。
また、現状ホワイトニングに関しては、美容目的の医療行為とみなされるため、健康保険の適用は不可です。歯のクリーニングであれば、歯石取りが含まれている場合保険が適用されますので、念のため医師に確認してみてください。

Q.医療費がかかりすぎちゃった場合は?

A.払いすぎた医療費は、確定申告をすれば戻ってくる可能性があります。この制度は「医療費控除」と呼ばれているんです。
年間10万円以上の治療費を払っている場合は控除対象となりますので、レシート等は必ず保管するようにしてください。控除額の計算式は、「年間医療費-保険金等で補填される額-10万円=医療費控除額(最高200万円)」。
ただし、こちらも美容目的の医療行為は対象になりません。他にもいくつか条件がありますので、控除対象を医師に尋ねてみたり、確定申告の時期に相談窓口を訪れてみてくださいね。