名古屋でおすすめの審美歯科はどこ?評判を徹底リサーチ

HOME » 審美歯科治療の質問BOX » 治療効果に関するQ&A

治療効果に関するQ&A

美しい歯をなるべく長持ちさせるには?汚れてしまう原因やお手入れ方法などをご紹介します。

審美歯科のホワイトニングについて

審美歯科で行われる歯の美白・ホワイトニングについての疑問を解決します。

Q.どのくらいの期間白さを保てるの?

A.ホワイトニングは一生モノではありません。歯を使い続けていればいずれ、様々な汚れが蓄積して元の色に戻ってしまいます。
一般的には、色戻りするまでには数ヶ月~1年ほどで、個人差があります。食べるものに気をつけるなどの小さな配慮を心がければ、これ以上の期間美しい状態をキープすることも可能です。ホワイトニング後はなるべく長持ちさせるよう努力してみてください。

Q.歯に色がつきやすい食べ物・行動は?

A.ワインやコーヒー、紅茶などの色の濃い飲み物は基本的に色素沈着を起こします。また、カレーやビーフシチューなど、服にこぼしたらなかなかシミが取れない食べ物も避けたほうが良いです。また、ヤニが歯に蓄積してしまうタバコなどは避けた方がよいです(タバコを長く吸っている人の歯って、ものすごい色になるんですよ…)。
ホワイトニングしたばかりの歯は、色素沈着が起こりやすいので、治療後24~48時間は上記のものを控えて。それ以降もなるべく摂取しないように心がけると色戻りのペースがゆっくりになります。

Q.ホワイトニングの正しいお手入れ方法は?

A.効果を少しでも長く持たせたいならば、「デュアルホワイトニング」がオススメ。
ホワイトニングは、永久に持つものではありません。そこで、審美歯科でオフィスホワイトニングした後、自宅でホームホワイトニングを継続します。これにより、白い歯の基礎固めができ、1年~2年は白さが保てるようになりますよ。

セラミックについて

白く美しい歯が蘇る!セラミック治療についてお答えします。

Q.セラミックで出来た歯は永久に持つの?

A.毎日使用する物ですから劣化してしまいますが、割れるなどのトラブルが発生しなければ、ほぼ一生持つとも言われています。
ただ、年とともに歯や歯茎の状態も変化していきますので、出来るだけ長く使いたいのであれば審美歯科で定期的にメンテナンスを行う必要があります。セラミックにもいくつか種類があり、「ハイブリッドセラミック」という比較的安価な素材を使うと、下手をすれば2~3年でパキパキと割れてしまうこともあるそうです(平均寿命は7~10年だそうです)。

Q.セラミックの歯を長持ちさせるには?

A.短期間で外れたり抜けたり、痛みが出てきたり・・・という事態は免れたいですよね。そのために、定期健診をしっかり受診し、歯科医のメンテナンスを受けることが大切です。また、歯並び・噛み合わせが悪いことが原因で歯に負荷がかかり、セラミックが壊れてしまうこともあるそうなので、歯列矯正を同時に受けておくと長持ちするようです。