名古屋でおすすめの審美歯科はどこ?評判を徹底リサーチ

HOME » 審美歯科治療の質問BOX » 治療期間に関するQ&A

治療期間に関するQ&A

審美歯科治療ではどのくらいの治療期間がかかるのでしょうか。こちらではそれぞれの施術ごとに治療期間に関する疑問にお答えします。

審美歯科治療にかかる期間について

Q.ホワイトニングの治療期間は?

A.ホワイトニングは使用する機器やホワイトニング材によって治療期間が異なってきます。2週間に1度のペースで通院した場合の例ですが、ハロゲンライトで1.5~2ヵ月、レーザーで1ヵ月、スピードホワイトニングで1ヵ月、マルチアーチホワイトニングで1~1ヵ月半となっており、平均すると1ヵ月ほどかかる場合が多くなっています。ホワイトニング材を使うFAPホワイトニングだと2.5~5ヵ月程かかります。

また、ホワイトニングは元の歯の色によっても治療期間が前後します。歯の色が黄色い場合は比較的早く治療を終えることができ、灰色の歯の場合は治療期間が長引きます。年齢によっても治療期間は変わり、年齢が若い人の方が早く治療が終わる可能性が高いです。

Q.セラミック治療の治療期間は?

A.セラミックによる矯正にかかる期間は、平均すると3ヵ月程度です。もちろん治療をする本数にもよるのですが、前歯6本の治療だった場合、5~8回の通院が必要になります。通院が2週間に1度のペースと考えると、2.5~4ヵ月程度。最短でも2ヵ月ほどの治療期間がかかります。全ての歯を治療した場合は1年ほどかかる可能性も。

Q.インプラントの治療期間は?

A.インプラントは一回法と二回法の2種類があり、どちらの方法にするかで治療期間が変わります。一回法の場合は1日~2週間ほどで手術が完了し、二回法では3~7ヵ月ほどかかります。ですが、これは手術にかかる期間だけの話です。手術前の検査に2日~2週間、上部構造の作製に1~3ヵ月、さらに安静期間が2~6ヵ月かかるので、全体の治療期間としては一回法で3.5~10ヵ月、二回法で6~16ヵ月半となります。

もし骨を増やす手術をするとしたら、そこに3~7ヵ月の治療期間がプラスされ、歯肉を移植する手術を行う場合は1~2ヵ月がプラスされます。

Q.治療期間を短くする方法はないの?

A.それぞれの施術についてご紹介します。ホワイトニングを短期間で済ませたい場合には、「ブライトスマイル」がおすすめです。1回の治療で全ての歯に対してホワイトニングが行えるので、治療期間は最短1日です。

セラミック治療では歯の状態に問題がなければ、集中治療を行うことによって治療期間を短くできる場合があります。

インプラントの場合は「抜歯即時埋入インプラント」と「即時荷重インプラント」という方法があります。これらの方法は抜歯とインプラント埋め込みを同日に行うので、全体の治療期間は4ヵ月程です。